• Tokita Mayumi

婚活デート デート費用はどうしてる??

デート代 男性が全額負担は古い!!


結婚相談所では、お見合いのお茶代は男性会員が負担することが

一般的ですね。


女性は、ご馳走になることを当たり前と思わず、「今日はご馳走様でした」

と必ず伝えているとは思いますが、その後交際に進展した時のデート代は

どうしていいいのか、悩む人も多いと思います。


デート代は全額男性負担という考えは、最近ではもう古いと言われていますが、あるデータによると男性の方が年上であると全額負担をすべきと思っている女性も少なくないらしいという結果も。


男女のどちらが年上かによって女性も考えが変わるというわけですね。


年上年下に関わらず、確かに男性にご馳走してもらうのは嬉しいですよね。ご馳走してくれた男性とそうじゃない男性を比べてしまい、ご馳走してくれた男性の方が「自分のことを大事にしてくれている」と女性も何処かで勝手にそう思ってはいるのではないでしょか。


でも、男性は真剣に結婚を前提にお付き合いを続けていきたいからこそ、割り勘にしている場合もあると思います。


結婚してからの金銭感覚はとても大切ですので、男性はデートの時の女性の振る舞い方で、金銭感覚など価値観を知ろうとしていることも大いにあるということですね。


女性の中には奢ってもらうことに嬉しさを感じ、その人にに惹かれる要素なのかも知れませんが、男性から自分のことを結婚相手として見てもらいたい場合は、果してご馳走してもらって当たり前と思っていてもいいのでしょうか。


正直、奢ってもらって当たり前と思っている女性の場合、男性からすればこの先自分にのしかかるデート費用もばかにはならないことが負担だと思われてしまい、この女性と交際を続けていくのは難しいと感じることもあるはすです。


結婚前提のお付き合いだからこそ、割り勘はおススメ

割り勘と言っても、きっちり割り勘ではなくていいと思いますが、

結婚前提としての交際相手として見てもらうためには、価値観が合うことが大切になってくると思います。

そのなかでも、一緒に生活をすることを考えたら金銭感覚の価値観は皆さんが気にするところではないでしょうか。


男性だって、決してご馳走したくないわけではないんです。

結婚を前提にお付き合いしたい女性には、喜んでほしいし特別扱いをしたいと思っていると思います。

ただ、長く一緒にいてデートを楽しむためには、割り勘の方がどちらか片方にだけ負担になり過ぎなくて、お互いのことを考えてデートを楽しむことができますよね♪


そうやってデートも楽しんでいくうちに、結婚後にお互いのお金を大切にして生活をしているイメージが出来てくるものだと思います。


男性がどうしてもご馳走するといった場合

男性の中には、どうしてもご馳走するという人もいますよね。

女性も決して奢ってもらおうと思っていたわけではないのに、いつの間にかお会計を済ましていたり(これができるって支払い方がかなりスマートでカッコいい)、女性から金銭受け取ろとしない場合もあると思います。


その時は、素直にご馳走になっちゃってください♡


女性が絶対にやってはいけないこと。

☑会計レジの前で支払いについての押し問答。

女性は好意として支払おうと思っていても、レジ前など特に人目に付くところで金銭の受け渡しはしたくないものです。男性のプライドを傷付けてしまうことも。


☑お礼を言わない。

いくら男性がご馳走すると言ってきかなかったとしてもです。

ご馳走してもらったら、絶対しましょう、笑顔で「ご馳走さまでした♡」。

「美味しかったです」「ありがとうございました」も添えてください。

笑顔で、です!!


☑支払った後に金額を聞く。

なんとなくなのか、半分くらい支払おうと思ったからか分かりませんが、「いくらしました?」と聞く人がいます。そんなことを聞いても男性はなかなか答えにくいと思いますので、支払う気持ちがあるのなら、会計前にお支払いする姿勢を見せましょう。


そして、デート中の飲みものや、カフェなどに入ったときは、

「ここは私に支払わせてくださいね♪」

と笑顔で言って、ご馳走しましょう!!

男性にこれだけは押さえてほしい

デート代は男性ばかり負担しなくてはいいとお話してきましたが、

特別な時は、ぜひ男性負担でお願いいたします。


お誕生日などのイベントごとはもちろんですが、友人と一緒にお食事していた時のおつきあいしている女性のお食事代はお支払いしてほしいです。


そして、

いくら割り勘だとしても一円単位は辞めてください。

これ、私の会員様に実際に居ました。

一円単位での面倒くさい計算はするのも見ているのも嫌なものです。

細かすぎると引かれたうえに、ケチと思われ必ず振られます。


私の経験上、ケチな男性はそれを理由に振らます。


6:4くらいで、男性6負担ぐらいでもいいという気持ちで。。。お願いします。


お互いにデート費用が負担にならないように、デートを楽しんでくださいね♪


オンライン婚活相談、受付中です




・具体的な活動内容は?

・私にお勧めなプランは?

・どんなサービスがあるの?

婚活・婚活ファッションのことでも大丈夫です!

お気軽にご連絡くださいね♪

by 時田

★お問合せフォームまたは、こちらからご希望日時をご予約下さい。

mail: info@mring-style.com

tel :080-2260-0617

          時田

★結婚相談所オフィスJOY

https://officejoy.tokyo/


#デート

#デート代

#男性負担

#今どきは

#割り勘

#結婚相談所

#婚活

#Mringstyle

#エムリングスタイル

#婚活ファッション

#結婚

#価値観

#金銭感覚



17回の閲覧

Mring style

〒105-0013​ 東京都港区浜松町2-2-15 2F

©2020  Mring style.All Rights Reserved